鹽水蜂炮

鹽 水 蜂 炮

2022年の台湾ランタンフェスティバルは高雄で開催されます 。

毎年恒例で台湾ランタンフェスティバルに行っていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で行けませんでした。来年の台湾ランタンフェスティバル2022は高雄で開催されます。

写真は2020年のランタンフェスティバル。


2020年のランタンフェスティバルのレポートはコチラ

台湾ランタンフェスティバル2022運輸省観光局の発表

運輸省観光局は台湾ランタンフェスティバルの開催地と市を選び、結果を報告しました。
運輸省は、高雄市と台北市が郡と市の最優先事項となると述べました。
2022年に高雄市。
2023年に台北市の台湾ランタンフェスティバルが決定されました。
運輸大臣の林嘉龍が承認のために署名し、台湾ランタンフェスティバル全体が承認のために元宵節に報告されることになっています。
高雄市で台湾ランタンフェスティバルが主催されるのはこれが2回目です。

台湾ランタンフェスティバルの歴史

毎年恒例の台湾ランタンフェスティバルは、1990年に観光局によって設立され、30年以上継続されています。
これは台湾の国内の主要なイベントです。
最初の10年間は​​北市で開催されました。2001年から2年連続で高雄に移りました。
その後、郡や市で順番に開催されます。
2021年には新竹で開催。
2022年の第31回台湾ランタンフェスティバルは高雄のフラワーエキスポのフーリ森林公園で開催されます。
観光局によると、台湾ランタンフェスティバルによる2022年の寅の選出は南部地域に焦点を当て、大南市と高雄市は入札意欲を示したましたが、大南は入札計画を提出せず、最終的に高雄市を最優先に選び、2002年から20年ぶりに高雄が主催となりました。

2023年の台湾ランタンフェスティバル

2023年の卯年には、台湾北部が主な選考エリアとなり、北平智義などの郡・市は、交通環境、受信エネルギー、安全管理、観光振興計画などに基づいた総合スコアを提案します。
資金調達能力は台北市が最優先され、台湾ランタンフェスティバルは23年で首都に戻りました。

台中ランタンフェスティバルがデザイン界で論争

また、前回の台中ランタンフェスティバルのメインライト「光の木」が、ランタンフェスティバル後に台中市政府によって破壊されたことを考慮して、デザイン界で論争を引き起こしました。
観光局も郡に要請しました。と市政府は、ランタンフェスティバルの後にメインライトを保存します。市のマーケティング表示デバイスとして。

2022台湾ランタンフェスティバル高雄市の場所・期間

2022年は新型コロナウイルスも終わって、台湾ランタンフェスティバルに行けると良いですね。。。
いや、必ず終息させて、台湾ランタンフェスティバルに行きましょう!

2022台湾ランタンフェスティバル高雄市の場所

高雄市(リンクはGoogleマップが開きます。)
鹽埕區
苓雅區、亞洲新灣區
鳳山區
衛武營國家藝術文化中心周辺

2022台湾ランタンフェスティバル高雄市の日時

2022年2月15日火曜日がメインの日ですが、そのおよそ2、3週間前からランタンの展示は始まります。
まだ詳しい情報が無いので、詳細が分かれば、追記します。

シェアする

フォローする

トップへ戻る