鹽水蜂炮

鹽 水 蜂 炮

2021年の鹽水蜂炮の完全レポート

毎年恒例の鹽水蜂炮ですが、今年はコロナの影響で行くことが出来ませんでした。
非常に非常に残念です。何としてでも鹽水蜂炮は行きたかったのですが。。。
しかし、2021年の鹽水蜂炮はは中止(規模縮小)になりました。

2021年鹽水蜂炮の様子

2021年の鹽水蜂炮は中止(規模縮小)の内容は

2021年の鹽水蜂炮はは中止(規模縮小)という事で観光客は立入禁止。地元鹽水武廟の関係者や鹽水蜂炮の役回りの方のみで無病息災の儀式は行われました。

2021年2月26日午後6時、鹽水武廟の前で次々とロケット花火や打上花火が行われたが、観光客は全員、制御区域から遮断され約500メートル離れたところから民俗の雰囲気を感じる事となった。
2021年の鹽水蜂炮は、神輿の迂回活動は1世紀ぶりに中止されました。
また、毎年200台以上のロケット花火発射台が出ますが、今年は80台に縮小されました。
歴史上で最も人の少ない鹽水蜂炮だったと報じられています。観光客の立入禁止が決定されたことにより例年の約30%程度の人出だったとか。


2021年1月、武漢の肺炎の流行の影響を受けて、南市政府は鹽水蜂炮の主催者と連絡を取り、規模を縮小し、ロケット花火の蜂炮と迂回を初めてキャンセルすることを決定しました。
協請店家、信徒は午後6時に武廟前の交差点。主神関羽が「家に蜂を集める」のも初めて。
関係者以外は立ち入ることができず、居住許可または労働許可を持っている人だけが入ることができます。

新營警察小局は434人の警官を交代で配置しました。
2つの障壁が在武廟方圓から半径約500メートル以内に設置されました。
1つは職員の身元をフィルタリングすることであり、2つ目は再び身元を確認することでした。
多くの観光客が現場に到着し、彼らが遠く離れていることに気づきました。彼らはコントロールラインの外に押し出して炎が空に舞い上がるのを見るしかありませんでした。

関係者以外は立ち入ることが出来ない。

新型コロナウイルスの影響により塩水蜂砲の規模が縮小し、蜂炮は一般に公開されなかったため、観光客の数が大幅に減少しました。

新營警察小局は、今年の塩水蜂大砲の活動は依然として交通規制下にあり、当日は午後2時から翌日の午前2時まで武廟周辺に「人と車の管理区域」を設置し、人と車の立ち入りを禁止し、労働許可証があれば入場できます。


画像、情報ソース:Apple News

2021年の鹽水蜂炮の映像

ETtoday新聞雲
2021年2月26日18時からのライブ映像

東森新聞

自由時報電子報

TVBS NEWS

民視新聞

台南空拍大雄空拍團隊

https://youtu.be/502CxLNRLXQ

台視新聞 TTV NEWS

公視新聞網

 

三立LIVE新聞

TVBS直播 ON AIR

VS MEDIA Taiwan

公視 PTS 臺灣

開始了開始了!

劉定玉さんの投稿 2021年2月26日金曜日

シェアする

フォローする

トップへ戻る