鹽水蜂炮

鹽 水 蜂 炮

2020年台湾ランタンフェスティバルは台中で開催されます 。

2020年台湾ランタンフェスティバル

台湾の交通部觀光局が発表しました。
2020年台湾ランタンフェスティバルは台中で開催されます 。

2020年台湾ランタンフェスティバルの日時は?

2021年の台湾ランタフェステバルは新竹で開催されます 。
2020年台湾ランタンフェスティバルに行ってきました。
2019年の台湾ランタンフェスティバルの様子
2018年の台湾ランタンフェスティバルの様子

 
2020年台湾ランタンフェスティバルは、2019年12月21日(土)~2020年2月23日(日)です。
但し、場所により日程が異なるので注意が必要です。
 
メイン展示区-后里森林&馬場園区 (2020年2月8日~2月23日)
サブ展示区-文心森林公園 (2019年12月21日~2020年2月23日)

2020年台湾ランタンフェスティバルの場所は

最新情報が公開されたので追記します。
2020年台湾ランタンフェスティバル
【メイン展示区】后里花博森林 2020年2月8日~2月23日
【メイン展示区】馬場花博園区 2020年2月8日~2月23日
【サブ 展示区】文心森林公園 2019年12月21日~2020年2月23日

結論
2020年の台湾ランタンフェスティバルには2月8日~2月23日の間に行くのがベストですね!
ただ、メイン展示区とサブ展示区の場所が離れているのが大変です。

2020年台湾ランタンフェスティバル会場への行き方

住所は「台中市后里區」なのですが、最寄り駅は「后里駅」です。

台北から台中までの距離は約170〜180kmあります。
高速バスなら、片道で1,000円前後、時間は道が混んでいなければ約2時間半。
電車なら、自強号(特急のような速いタイプの電車)で片道で1,380円前後、時間は約2時間20分。
新幹線なら、自由座車廂(自由席) 675元(約2,490円)商務車廂(グリーン車) 1125元(約4,150円)45分〜1時間程度。
台中駅からランタンフェスティバル行きの無料シャトルバスも出ると思いますが混雑します。

2020年台湾ランタンフェスティバルの内容

以下、2020 台湾ランタンフェスティバル 光輝く台中-台中観光トラベルサイトより

「2020 台湾ランタンフェスティバルin台中」は「璀璨台中」を下敷きに、会場の特色を生かしたランタンで会場を飾ります。メイン展示区のテーマは「森林秘境」。2020年2月8日から2月23日までの16日間に渡り、現代的な光学テクノロジー、ランドマーク装置芸術などの手法で、会場である「后里花博園区」の特殊な自然の風景を浮かび上がらせます。

「動物狂歓ランタンエリア」、「企業ランタンエリア」では、動物園の楽しげな雰囲気と台中の地場産業のパワーを表現します。今年12月 21日から来年の2月23日まではサブ展示区「文心森林公園」で親子で楽しめる展示をモチーフに、さまざまな祭りや童話のシーンをランタンで表現します。65日間の会期はクリスマス、新年、春節、小正月のホリデーシーズンを跨ぐため、休日毎に「円満戶外劇場」でパフォーマンスが上演されます。

海外メディアから「ジェットコースターのないディズニーランド」と絶賛された「2015台湾ランタンフェスティバルin台中」。あれから5年、台湾ランタンフェスティバルが間もなく再び台中で開催されようとしています。この5年間、台中では数々の大規模な国際的イベントが開催され、台湾ランタンフェスティバルも各県市で順に開催されてきました。一方、世界においても、光と影の手法で知られるリヨンの光の祭典、中国四川省自貢の恐竜ランタン祭り、ソウル清渓川のランタンフェスティバルなどが、台湾ランタンフェスティバルが発展してきたこの30年の間に異彩を放つようになりました。台湾ランタンフェスティバルは一年の初めにランタン工芸を展示し、ランタン観賞の過程を通して、元宵節の民俗祭典ムードを人々に感じてもらうのが目的です。テクノロジーの進歩に伴い、各種展示素材も大量にランタンフェスティバルに応用されるようになりましたが、伝統的文化価値を守りながら、革新的なテクノロジーを展示することこそ、台中市が「2020台湾ランタンフェスティバルin台中」で国内外の方々に伝えたいと考えている理念です。

「2020台湾ランタンフェスティバルin台中」では初の試みとして、会場ごとに異なるテーマで展示を行います。会場の特性を活かしつつ、都市の特色を中心に、三つのテーマを設定しました。メイン展示エリアの森林会場-「森林奇幻境地」は、地域コミュニティと環境が共存できる里山の提唱をはじめとし、持続可能な生態系、芸術美学の政策企画などをコンセプトに盛り込んだ、多様な民族と宗教の融合を象徴するメインランタンエリアです。また、「アートのミラクルワールド」と命名された馬場会場は、「民俗文化に根ざし、伝統を国際化」という台湾ランタンフェスティバルの趣旨を踏まえ、伝統の飾りランタンに機械メカニズムを取り入れ、テクノロジーとマルチメディアの応用により、ランタンアートの新たなフロンティアを創出します。サブ展示エリアの文心森林公園-「キッズパラダイス」は、親子で一緒に楽しめる子供の楽園をテーマに、様々なテーマランタンエリアとステージプログラムを企画し、都心に子供の森の楽園を造り上げます。特に、サブ展示会場は今年12月末より点灯し、クリスマスと旧正月の2大重要行事をまたぐ形で展示が行われ、台中全体を楽しいムードに染め上げます。

メイン展示エリアの后里森林会場以及馬場会場は、敷地面積35ヘクタールで、2020年2月8日から2020年2月23日までの合計16日間にわたって展示が行われます。サブ展示エリアの文心森林公園は敷地面積8.8ヘクタールで、2019年12月21日から2020年2月23日までの65日間にわたって展示が行われます。

ワールドスマートシティ、ワールドフェスティバル&イベントシティなど、数々の国際的賞を受賞してきた台中市は、市全体が輝かしい魅力を放ち、世界から注目を集めています。「2020台湾ランタンフェスティバルin台中」は、テーマの「光輝く台中」を中心コンセプトに、元宵節の祝賀ムードを盛り上げ、伝統飾りランタンの工芸技術を広めるとともに、現代的な表現をコミュニケーション手法に活かした台湾ランタンフェスティバルにより、あらゆる面が整備された成熟した台中市の姿と、台中市の取り組む文化イノベーションを世界に発信します。


2019年1月の情報では
花博后里の初期計画(森林および馬場に約30ヘクタール)
豐原園區(約16ヘクタール)。
水友中央公園(約67ヘクタール)
↑↑↑Googleマップが開きます。
上記のどれか、または複数が現在検討中だそうです。(←2019年1月の情報)
↓↓↓台湾のニュースによると、下記参照↓↓↓

2020年台湾ランタンフェスティバル
交通部觀光局が2019年1月31日発表しました。
台湾ランタンフェスティバルは2020年に台中市が主催する予定ですが、その理由は台中が台湾ランタンフェスティバルを主催することにより全体的な支援策が観光客にとって有益であることを確認する為である。
台中市長の盧秀燕氏のインタビューによると、前行政院長の賴清德氏のおかげで現任の行政院長や蘇貞昌氏と交通部長の林佳龍などが推進している。
「台湾は経済のために戦わなければならない」と再強調し、
台中で開催されるために国内外での主要な祭りのために努力し続けます。
群衆の中に人々を招待して、我々は組織化するために全力を尽くさなければなりません。
盧秀燕氏が、今月、執行元は突然、2020年台湾ランタンフェスティバルがまだ終わっていないことを発表しました。
しかし、原則として、それは中央地域で開催されるべきです。
申請予定の市は1月17日までに申請されます。市の評価の後、
台湾ランタンフェスティバルでは、さまざまな場所で台中市の視界が広がると考えられています。
台中でのマーケティングと闘争経済は助けになるでしょう、
したがって、彼女は旅団にできるだけ早く提案をするように依頼しました。
魯迅は李青德事務所にいたときに、元院長が2回演説し、その後、内閣が再編され、現在の院長院長が院長を務めたときに再び提案されました。
通信大臣としての前市長の林佳龍到と共に、様々な要因がランタンフェスティバルの成功したホスティングに貢献してきました。
林佳龍到氏は、台湾ランタンフェスティバルには現在3つの場所があると述べました。
花博后里豐原園區水友中央公園で開催されましたが、規模や交通支援策により、主催団体による慎重な評価が行われます。
その場での質問。来年はネズミの年です、あなたはミッキーマウスを台中に連れて行こうとしていますか?
林佳龍到氏は、これは非常に良い考えだと答えましたが、台湾灯籠祭りは全国のランタンフェスティバルであり、主な照明は通信省によって計画され、デザインされています。
観光局は、2020年の台湾ランタンフェスティバルのための中央提案の会場で、
台中についてもっと知ってもらうために、
花博后里の初期計画(森林および馬場に約30ヘクタール)
豐原園區(約16ヘクタール)。
もう一つは、水友中央公園(約67ヘクタール)
検討の範囲内で、我々は迅速な準備のための場所を決定するためにできるだけ早く通信省の観光局と協力します。
 
https://www.ettoday.net/news/20190131/1370550.htm
翻訳:当サイト(鹽水蜂炮.com)管理人

2019年の台湾ランタンフェスティバルの様子
2018年の台湾ランタンフェスティバルの様子

シェアする

フォローする

トップへ戻る